Entry: main  << >>
「わろてんか」

 

連続テレビ小説「わろてんか」でアコーディオンの指導をさせて頂いています。

NHK大阪では「べっぴんさん」に次ぐ華乃家の参加となります。

 

アコーディオン奏者の松尾諭さんは、収録の3週間前から大阪入りして

毎日毎日稽古しました。

 

その前に、

私は9月から、制作の人と楽器選びや打ち合わせ。。。

アコーディオンの歴史、流行歌の歴史を改めて調べて、、

ほこりだらけになって古いアコを拭くところから始まりました。

そして選曲!!

音曲漫才の芸人さんだと思って軽く引き受けたら、

音楽学校卒業の凄技音楽家という設定だとあとで聞いて、

ちょっと躊躇しましたが、松尾さん自身は初心者ということで、

早弾き担当の福人くんや都丸くんともチームを組んで臨みました。

早弾き曲「チャルダッシュ」流行歌「アラビアの唄」が採用されました。

その他にも効果音などなど。

 

そして稽古。

松尾さんは大活躍の俳優さんですが、気さくで一気にファンになりました。

「3週間でこの曲を弾くのは無理です。端折ってやりましょう。」

と言うと、松尾さんは「いや。負けた気がするので全部やります!やるだけやってあとでカットはできますから。」

と言ってとりかかりました。「脳みそが痛い!」と言いながらも手を抜かずに稽古する姿に役者魂を感じました。

私が稽古場に向かうと、既に入っている部屋から稽古する音が聞こえてきて、自主練も頑張られていました。

 

歌う相方は広瀬アリスさん。

本当に美しく、今まで見た女性で一番きれいだと言っても過言ではありません。

歌と振り付けの指導も楽しくさせて頂きました。

アカペラで歌うシーンもあるのですが、キイもバッチリそのままでしたので彼女は本当に音感があります。

私が「収録しながらも先の稽古があって随分前に撮ったOAがあって、訳わからなくならない?」と聞いたら

「訳わからなくなるから考えないようにしてる。今日を一生懸命やるだけ。」と。

男らしい〜。男前!と思いました。

始めは娘のようで可愛いなと思っていましたが、もう敬服致しますびっくり

 

松尾さんとアリスさんは、お芝居に加えて漫才の稽古にも毎日励んでいました。

 

そんな稽古があって収録。

スタジオではたくさんのスタッフの方々がドラマを作っていて、もう圧巻でした。

ドラマを見る目が変わります。

本番。

始めは正直ドキドキしましたが、さなぎが蝶になって羽ばたくように、

華麗な演技でお見事でした!!きらきら

 

そして先週、アコーディオンのシーンのOA。

物語もお二人の演技も素晴らしく、すごい存在感!!

色んな想いが巡ってウルウルきて泣いてしまいました。

感・動!涙星

 

「わろてんか」と人を笑わせる裏には、苦労と涙と、そして感動があります。

 

 

ドラマは3月まで。

少しアコーディオンはお休みですが、最終週まで見どころ聞きどころはまだまだあります!

1人でも多くの人に見ていただけたら幸いです。

 

まだまだ書きたいことは山ほどあるのですが・・・

つづく

| 華乃家ケイ | 17:58 | comments(0) | - | pookmark |

| / |

Comment








Calendar

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

Link

華乃家ケイofficial

Others

Profile

Recommend

twitter

Search

Entry

Comment

Archives

Category

Feed

Mobile

qrcode